個性認識学とは何か

個性認識学の目的

 個性認識学は、日本古来の心の考え方「一霊四魂」を基礎に人間を深く理解し、行動科学の視点から、その人間理解を心理テクノロジーとして活用する体系を創ることを目的としています。


「四魂の窓」のテクノロジー

4a_img1.jpg

 個性認識学から生まれた「四魂の窓」のテクロジーは、2つの簡単な質問で、人間の価値観、行動傾向、人生を貫く天命をも知ることができます。このテクノロジーは、あなたの職場や家庭、恋愛やチームビルディング、マーケティングに至るまで応用が広がります。

 「四魂の窓」のテクノロジーは、コーチングやカウンセリングなどの一対一の関係や、マーケティング、プロジェクトマネジメントや、営業教育などの多人数のグループに対して活用することができます。人間の魂に働きかける根本的なテクノロジーです。

→詳しく見る

一霊四魂とは何か

 古来より全ての人には魂があり、その魂を分解すると「荒魂」、「和魂」、「幸魂」、「奇魂」の4つの魂と、それをコントロールする「直霊」という一霊を持っていると考えられてきました。それが一霊四魂です。現代の心理学に当てはめると、人間の性格は、5つの構成要素から成り立っているという考え方です。

 この一霊四魂の由来は、1300年前の日本書紀にまでさかのぼります。江戸時代には、国学者の本居宣長や本田親徳、明治になって、出口王仁三郎らによって集大成されました。しかし、この考え方には科学的な見方がとられず、一般の人たちには、ほとんど知られないまま今日に至っています。

 日本の先人たちによって発展してきた「一霊四魂」という考え方は、現代パーソナリティ理論の決定版と言われる「5因子論」に対して、勝るとも劣らないすばらしい知見と研究方向を示唆してくれます。 日本古来の考え方に基づく個性認識学を共に発展させていきたいと思います。

→詳しく見る

研究の経緯

4b_img1.jpg

私たちは、2000年の12月以来、この考え方に、科学的、臨床的な視点から研究を重ねてきました。この考え方は人間関係や仕事、マーケティングなどに、大きな貢献が可能であると考えるに至りました。

日本古来の心の考え方を、カウンセリングや人間関係、ビジネスに活かすための研究分野を私たちは個性認識学と名づけました。




人生を豊かにするテクノロジーの開発

1: 科学的、統計的な手法で標準化された55問の「一霊四魂」診断テスト

2: 人の本質がわかる「四魂の窓」のテクノロジー

3: 人生を貫く軸を特定する「天命動詞」のテクノロジー

4: 心をお掃除する「潔斎」のテクノロジー


よくある質問

(詳細は、事務局03-5464-5181 小笠原まで)

Q1: なぜ日本古来の心の考え方「一霊四魂」を利用するのですか?

 古来より全ての人には魂があり、その魂を分解すると「荒魂」、「和魂」、「幸魂」、「奇魂」の4つの魂と、それをコントロールする「直霊」という一霊を持っていると考えられてきました。それが一霊四魂です。

 現代の心理学に当てはめると、人間の性格は、5つの構成要素から成り立っているという考え方です。

 この考え方は、1990年に米国の心理学者 Goldberg によって提唱された、現代心理学の最先端である「パーソナリティの5因子論」と酷似しています。ただ、この5因子論は、性格は遺伝的に決まっていると考えますが、一霊四魂は、人間の魂は磨かれ成長すると考えるところに大きな違いがあります。

 私たちは、2000年の12月以来、人格の成長を目指す一霊四魂の考え方に魅了され、科学的・臨床的な視点から研究を重ねて、日本発の「個性認識学」が誕生したのです。そして、たった二つの質問で4つの魂が分かるという画期的な手法「四魂の窓」が開発されました。


Q2: どのようにすれば個性認識学の講師になれるのですか?

 4つのステップから成り立っています。

 第一ステップは、個性認識学基礎講座を受けてください。

 第二ステップは、二日間の「個の花道場」と「四魂道場」を受講してください。

 第三ステップは、一日の「応用講座」と「一霊四魂の理論」を受講してください。

 第四ステップは、筆記試験と実技試験を受けてください。

 第五ステップは、公認講師の下で、OJTを積んでください。


個性認識学・実践者の声

A氏(男性・50代・会社経営):「勇」が最も強い人
「自分勝手」と言われて戸惑うことが多かったのですが、「4つの個性学」を知ることで人への気配りができるようになりました。目標達成が以前より容易にすばやくできるようになりました。
B氏(男性・40代・会社員):「親」が最も強い人
「4つの個性学」を知って自分の考えを言うように心がけるようになり、その結果、グループのまとまり・会話が以前よりも強くなりました。
Cさん(女性・20代・会社員):「愛」が最も強い人:
「この人は私を好き?嫌い?」と自問自答しては自己嫌悪に陥っていたのですが、「4つの個性学」を知る事で、本当の意味でその人と相互理解ができるようになりました。
Dさん(男性・30代・会社員):「智」が最も強い人:
職場に何とも理解しがたい人がいたのですが、「4つの個性学」を知ることでその人を理解できるようになり、一緒に仕事ができるようになりました。人間に対する理解が一段深くなりました。

6つの質問に答えるだけ!
あなたの四魂を手軽に診断

最近の気づきや学び、
出会いなどを書いていきます。
読んでいただけると嬉しいです。
出口光オフィシャルメールマガジン


疲れた、叱られた
わかってもらえない・・・
そんなあなたへ
四人のナイトが癒しのひとときを
癒されナイト